足つぼ療法注意点
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

足つぼ療法注意点

足つぼを丹念に刺激することで、腰痛が和らぐ効果が得られることがあります。
しかし、それは同じ腰痛でも、不慣れな動作や姿勢の悪さによって起こった痛みの場合です。
老化による変形性脊椎症など骨の異常による病気には、足つぼはおろか、全身のつぼでもやはり効果は期待できません。

また、癌や胆のう炎でも腰痛は、起きる場合があります。
その場合も、つぼ刺激では全く効き目はありません。

つぼ療法は、熱がある時や極端に身体が衰弱している時は、避けるべきです。

治療の前後は、飲酒をしたり入浴したりするのは、避けた方がいいとも言われています。

うまく身体の老廃物が排出されるように、十分に水分を摂ることは良しとされていますね。

特に、まだ治療になれていない人だと、治療後に身体が重だるく感じたり、熱っぽく感じたりする場合もあります。
このような症状は、翌日には消えていますのでほとんど心配は要りません。
身体がなれてくれば、徐々にこのような症状は、無くなっていきますね。
もし、なかなか消えない時は、刺激量が多いのかもしれないので、刺激量を調節しましょう。

また、足を怪我している時や、脳血栓の直後、脳出血、妊娠中、悪性腫瘍、心臓病や重い腎臓病、不整脈がある場合などは、足つぼの刺激は避けましょう。
プロフィール

lifeofmiracle

Author:lifeofmiracle
よろしくです

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ユーザータグ

足つぼ 指圧 按摩 ほてり マッサージ 冷え性 神経痛 更年期障害 坐骨神経痛 不眠 肩こり解消 疲労回復 腰痛 足の引き締める 鼻水を解消 ツボマッサージ 関節痛 消化器系 反射帯療法 

月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
ランキング
  • SEOブログパーツ

スカウター : 家庭の足つぼマッサージ



ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

フィードメーター - 家庭の足つぼマッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。