6つの刺激法 後編
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

6つの刺激法 後編

4.たたく

こぶしや手の平などで叩きます。
軽くたたくことにより、筋肉や血管を収縮させ、強く長時間たたくことで反対に血管を広げて、筋肉を緩ませることができます。

5.ふるわす

指先や手の平を当てて振動させます。
筋肉や神経の働きを高めていきます。

6.押す

皮膚に指先で圧迫を与えます。
持続的に押すと、高ぶっている機能を抑制する働きをしてくれます。
押しては離しを繰り返すと、機能を高めるように働きかけてくれます。

このように刺激の度合いによって、まったく正反対の効用があります。
どの刺激法を選ぶかと同じく、その強弱や量の加減なども治療の重要なポイントと言えます。
プロフィール

lifeofmiracle

Author:lifeofmiracle
よろしくです

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ユーザータグ

足つぼ 指圧 按摩 ほてり マッサージ 冷え性 神経痛 更年期障害 坐骨神経痛 不眠 肩こり解消 疲労回復 腰痛 足の引き締める 鼻水を解消 ツボマッサージ 関節痛 消化器系 反射帯療法 

月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
ランキング
  • SEOブログパーツ

スカウター : 家庭の足つぼマッサージ



ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

フィードメーター - 家庭の足つぼマッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。