2011年01月
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

疲れに効く足つぼ

働き過ぎやストレスなどで疲れが溜まってしまうと、だるい、手足が重い、気力がなくなり元気が出ないなどの症状が起こってきてしまいます。
その症状がさらに慢性化してしまうと、大きい病気を引き起こす原因にもつながる場合もあります。

疲労回復に効果が期待できるつぼは、足の裏の親指と人差し指に位置してます。
足の親指は頭に、人差し指は胃に関係してるつぼです。
この部分に刺激を与えてあげれば、脳に溜まった疲れを取り除き、胃腸の働きが活発化してきます。
この部分へ効果的となる刺激方法は、まず両指の両脇を股に向かってさすってあげましょう。
そして、親指の両側を中心的に、指の付け根に向かってゆっくりと押し揉んであげるといいでしょう。
指をグリグリ回してあげるのも効果があります。

また、足の裏の中央に位置している万能のつぼの湧泉(ゆうせん)を揉むのも効果的となります。
湧泉とは、気力、体力を上げて身体全体を元気にしてくれる万能のつぼとされています。
土踏まずのやや上の中央部分、足の指を曲げてへこんだ所に位置しています。
両手の親指の先を使い、強く押し揉み刺激を与えましょう。
3秒の間隔で交互に押したりゆるめたりの刺激をあたえ、湧泉が温かくなってくるまで繰り返し行いましょう。
スポンサーサイト

足つぼで風邪対策

風邪が万病のもとと言われているのには、たくさんな病気の出発点となることが多いからなのです。
風邪予防に効果のあるつぼを紹介いたします。

気管支ゾーンは、足裏の親指と人差し指との股の間に位置しています。
かかとに向けて気管支ゾーンをじっくりともんであげると、のどの痛みや咳の症状を緩和する効果が期待できます。

肺ゾーンは、足裏の中指と薬指の少し下に位置しています。
気管支の外側の辺りです。
咳や胸がぜいぜい言うといった症状を和らげてくれる効果をもっています。
左足は左肺、右足は右肺という風に対応していますので、苦しいと思う方の肺に対応したつぼを重点的にマッサージしてあげましょう。
また、毎日刺激していることで、風邪予防には最適となります。

腎臓のゾーンは、土踏まずの中心あたりに位置しています。
刺激してあげることで内臓の働きを活発にする効果があり体力回復に期待ができます。
風邪をひかないようにするためにも、いつも腎臓ゾーンをマッサージしてあげるといいでしょう。

リフレクソロジー

リフレクソロジー(Reflexology)は反射区に働きかけるもので、デトックス効果が高く評価されています。
痛みの緩和やデトックス効果が注目され、美容としても人気があります。多くの人がリフレクソロジーと足ツボを混同していますが、ツボは「血・気」の流れの経絡上にある経穴です。一方リフレクソロジーは、反射区の10本のエネルギーラインが主となり臓器や背中など体全体に働きかけるものです。

リフレクソロジーは反射療法とも呼ばれ、主に足の裏を中心に行われる手技療法です。
臓器や器官の足裏にある反射区に働きかけ、体全体のデトックス効果を高める事も目的としたものです。

一般に知られている反射区に働きかけるリフレクソロジーは西洋式のもので、アメリカのウィリアム・フィッツジェラルドという医師が、患者が手術中にベッドの梁に手足を押し付ける行動をみて、痛みとの関連性の着目により発見されました。研究の結果開発されたものが、反射区により痛みの緩和やデトックス効果によって心身の回復を図るリフレクソロジーの発祥です。

陰陽論と五行論

東洋医学の考え方の基盤になっているのが、古代中国の哲学である陰陽論と五行論です。
宇宙の全てのものは陰と陽の二つの相反する要素から成り立っているというのが、陰陽論です。
自然界の色々な現象を木火土金水という五つの要素にわけてその因果関係を説明しようというのが、五行論です。

人間の体内にある臓器、五臓六腑も、全て5つに当てはめて考えます。

・「木」に属するもの・・・肝の臓、胆の腑
・「火」に属するもの・・・心の臓、小腸と三焦の腑
・「土」に属するもの・・・脾の臓、胃の腑
・「金」に属するもの・・・肺の臓、太陽の腑
・「水」に属するもの・・・腎の臓、膀胱の腑

そして、病気というのは、これらの五行の乱れにより生じます。
所属する臓器に異常が生じるというわけです。
ですので、木火土金水の五行の調和を考えながら、五行に属する五臓六腑を調節することにより、病気を治療していくという新宿 マッサージのような考え方になります。

つぼが存在する経路には、肺経、太陽経、などがあります。
肺の臓をめぐる経路には肺経、太陽の腑をめぐる経路には太陽経というように、それぞれが巡る臓腑の名前が付いています。
そして、これらの経路は関連の臓腑に大阪 マッサージ おすすめ的なエネルギーを与える役目をしています。
足つぼ療法でもこのような思考法に沿って、不調な臓器に対応する足のつぼを刺激していくというものなのです。
プロフィール

lifeofmiracle

Author:lifeofmiracle
よろしくです

最新記事
カテゴリ
検索フォーム
ユーザータグ

足つぼ 指圧 按摩 ほてり マッサージ 冷え性 神経痛 更年期障害 坐骨神経痛 不眠 肩こり解消 疲労回復 腰痛 足の引き締める 鼻水を解消 ツボマッサージ 関節痛 消化器系 反射帯療法 

月別アーカイブ
リンク
このブログをリンクに追加する
ランキング
  • SEOブログパーツ

スカウター : 家庭の足つぼマッサージ



ページランク表示用ブログパーツ E-PageRank

フィードメーター - 家庭の足つぼマッサージ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。